フリーローン 審査 甘い

お金をなんとかして借りたいけど


お金を借りるには銀行がいいけど…そういった人は多いでしょう。銀行カードローンに融資の申込みをしても審査で落ちてしまう人は少なくありません。どうして銀行カードローンの審査は厳しいのでしょうか。まずその仕組みを知っておかないと、何度銀行カードローンに融資の申込みをしても審査に通ることはないでしょう。

まず、銀行カードローンの審査に通るには、正社員であることが前提となります。そうなると、正社員しかお金を借りることはできないのかということになるのですが、銀行カードローンについてはそう考えても間違いではないでしょう。というのも、銀行は特に返済能力というのをすごく重視しているのです。誰も返済能力のない人にお金を貸したいとは思わないでしょう。お金を持っていない人にお金を貸しても無い袖は振れないのですから、お金は返ってこないと考えるしかありません。

しかし、銀行はそういうわけにはいかないのです。貸したお金は必ず回収しなくてはいけません。そのためにも、返済能力のある人にお金を貸すということですね。ですから、当然のことながら無職の人にはお金を貸すことはありません。

そして、無職ではないにしてもパートアルバイトの人にもお金を貸すことはないと考えていいでしょう。働いて収入を得ているのにどうして?と思う人もいることでしょう。ですが、働かなければお金になりません。病気で1ヵ月休んでしまったら、その月の収入はゼロとなってしまうのです。正社員でしたら休業補償もありますから、病気で休んでも無収入になることはないのです。そこが正社員とパートアルバイトの違いです。これは非正規雇用の人にも当てはまるのです。

収入の多い少ないも問題になるのですが、一番重視しているのは雇用が保証されているかどうかということです。正社員は雇用が保証されているので、クビになることはないでしょう。しかし、パートアルバイトの人は明日クビになるかもしれないのです。

もっとも、そんな乱暴なことはないと思いますが、契約社員のように3ヵ月半年、あるいは1年の雇用契約を結んだとしてもその先は更新されるかどうかは会社次第です。終身雇用が崩れたといっても雇用の保証がなくなったわけではなく、正社員は雇用が保証されているつまりは安定した収入を得ることができるというわけなのです。これは、パートアルバイトや派遣社員と比べると大きなアドバンテージと言えるでしょう。

また、銀行カードローンの原資となるのは預金者から預かったお金です。そのお金を貸し倒れに遭うわけにはいかないというのも理由の一つとしてあげられるでしょう。そのようなことから、銀行カードローンの審査は厳しくなっているのです。その分金利が低いので、返済利息が少なくなるといった銀行カードローンには大きなメリットがあるのです。そうしたことから誰もが銀行カードローンを利用したいのですが、なかなか思うようにはいかないということですね。

もっとも、最近では銀行カードローンの過剰融資が問題視されていました。銀行カードローンよりも審査が緩いとされる、消費者金融会社のカードローンの審査に落ちて、銀行カードローンの審査に通るといった逆転現象が起きたこともあるというのです。実際に銀行側も過剰融資を認めている節もあり、金融庁からの通達もあり、過剰融資の自粛と自ら総量規制をするようになったのです。しかし、消費者金融会社にはもともと総量規制の問題などもあり、年収の3分の1を借りていたので消費者金融会社のカードローンの審査に通らなかったという可能性もあります。

また、申込みブラックといって、審査に落ちたという情報が信用情報機関に記録され、それが金融機関や貸金業者に共有されているので、他で審査に落ちたのなら何か問題があるのだろう、お金に困っているのだろうということで審査に通らないのです。

この審査に落ちたという情報は6ヵ月間は消えないということですから、この期間にカードローンの申込みをしても審査に通らないということになるのです。実際には様々な審査方法があり、その内容は公開されることはないのですべて憶測になりますが、それでも、金融機関のOBや貸金業者のOBなどから集めた情報には信憑性もあるので、それほど間違った情報ではないでしょう。

基本的に銀行カードローンの審査は厳しく、消費者金融会社のカードローンの審査は銀行カードローンの審査に比べると緩くなっているのは間違いありません。銀行カードローンの場合は、融資金額の原資になるのは預金者から預かったお金ですから、、貸し倒れなどに遭うわけにはいかないという事情があるのは間違いありません。そのため、審査もより厳しくなっているということですね。その分金利が低くなっているので、誰もができれば銀行カードローンを利用したいと思っているのです。

それでも、銀行カードローンは即日融資ができなくなっているのです。それがデメリットと指摘する人も少なくありません。銀行カードローンは一頃はメガバンクの銀行カードローンが即日融資、スピード融資を声高く宣伝していました。それが今ではそういった宣伝広告を見ることはできません。

それは、銀行カードローンの審査内容が変わったからです。正確には審査内容が追加になったということなのですが、それは警察庁のデータベースへの照会です。これは不正融資を防ぐためなのですが、融資申込者に対して、警察庁のデータベースへの照会が義務づけられたのです。照会情報を得るには即日は無理となったので、必然的に銀行カードローンの即日融資は不可能となったということですね。

消費者金融会社のカードローンには警察庁のデータベースへのアクセスの必要はありませんから、引き続き即日融資はできるようになっています。今すぐお金が必要というときは消費者金融会社のカードローンが頼りになるでしょう。

審査の甘いフリーローン


銀行で借りたいけど、審査が厳しくてなかなかお金を借りることができないときは、消費者金融会社のカードローンなどに頼ることになります。消費者金融会社のほうが銀行よりも金利が高いのですが、お金を銀行から借りることができなければしょうがありません。お金を借りたら返済しなくてはいけません。消費者金融会社に融資の申し込みをし、審査に通ればお金の借入れができるのです。

消費者金融会社のカードローンの利用者は多く、成人の二人に一人は借りている、あるいは借入れの実績があると言うことですから、思いの外高い数字と言えるでしょう。一頃は大手銀行のカードローンなどが広告をバンバン出していたのですが、最近では銀行系カードローンの広告を見ることは少なくなりました。都市銀行などのカードローンはスピード融資ができなくなったことで失速した感が強いです。

また、複数のローンを利用している人は、そのままでは新しい融資を受けることはできないでしょう。新たな借入れをしないほうがいいのですが、借りやすさを求めるのでしたらおまとめローンに申し込みをして、債務の一本化をするようにしましょう。複数の債務があるということは自分で申告しなくてはいけませんし、虚偽の申告をしても信用情報機関で情報の共有がされているので、複数の債務があることがバレてしまうのです。消費者金融会社は銀行などの金融機関と比べて、審査が甘いです。

さらに、消費者金融会社のカードローンと言っていますが、大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社しかカードローンを取り扱っていません。カードローンも使途自由なローンなのでフリーローンに入ります。フリーローンは目的ローンと区別され、使途が自由ということで目的ローンよりも金利が高く設定されることが多いです。その分審査が甘くなっているということですね。

消費者金融会社で借りる


審査の甘いフリーローンは消費者金融会社で借ります。カードローンと区別して考えると、カードローンにある限度額がフリーローンにはありません。言うなれば、30万円必要だから30万円を借りる…といった借り方になります。カードローンもそういった借り方になるのですが、30万円の中で入出金が自由になるのですが、フリーローンの場合は借りたら返済するのみということになるのです。

カードローンの仕組みは公式サイトなどで確認したほうがいいと思うのですが、カードローンは入出金を繰り返すと常に借金を抱えている状況になってしまいます。一方のフリーローンは、返済を続けていくことで確実に完済できます。そこが大きな違いと言えるでしょう。クレジットカード会社のクレジットカードもカードローンと似たようなところがあって、クレジットカードも言うなれば常にお金を借りている状況と考えていいでしょう。

フリーローンは消費者金融会社で借りるといいでしょう。大手都市銀行などでもフリーローンを取り扱っているのですが、カードローンが一般的ですし、審査も厳しいので誰でも審査に通るということはありません。地方銀行のフリーローンのほうが狙い目と考える人もいるかもしれませんが、それも難しいと言えるでしょう。キャッシングを簡単にしたいのでしたら、消費者金融会社のほうがいいでしょう。

審査が甘いところ


消費者金融会社でも業容によって違いがあり、アコムなどの大手消費者金融会社は審査が厳しめです。ですから、アコムやプロミスなどのカードローンでお金を借りることができなかった人は、中小消費者金融会社や街金にお金の借り入れの申し込みをすることになります。

中小消費者金融会社や街金は、大手消費者金融会社に融資の申込みをしても審査に通らなかった人の受け皿的な存在です。個人信用情報機関に照会することもあるのですが、審査基準自体が甘くなっているので、多少属性が低くても、中小消費者金融会社や街金などでは、審査に通る可能性が高くなるのは間違いありません。

中小消費者金融会社や街金が狙い目


消費者金融会社も融資の申込みを受けると、信用情報機関に信用情報の照会が行われます。たいていの属性の人でしたら、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通るでしょう。

一般的な調査では二人に一人しかカードローンの審査に通らないとされています。そうなると審査に落ちた人は、中小消費者金融会社か街金に融資の申込みをするのです。そういった流れになっていますから、中小消費者金融会社や街金も大手消費者金融会社と同じような審査をしていたら、融資をすることができませんから、信用情報機関に照会することなく、独自審査を行っていることが多いのです。

電話に夜在籍確認がとれれば審査OKといったように、無職でなければ融資を行うといったスタンスです。もっとも高額融資ではなく、特に街金では10万円程度の少額融資が基本となっています。