北九州 街金

銀行や消費者金融会社からお金を借りる


まとまったお金が必要となると、銀行か消費者金融会社からお金を借りるしかありません。そうなると両者を比べた場合、金利の低い銀行のほうが、返済利息も少なくて済むので返済も楽です。ですから、選択肢としては銀行カードローンがいいでしょう。

消費者金融会社は昔のサラ金のイメージが強くて敬遠する人も多そうです。特にサラ金と言われた時代は、厳しい取り立てから、一家離散や夜逃げ、さらには一家心中といった事件まで起きていたのです。厳しい取り立てがあっても、日本では昔から、借金をした方が悪いという風潮があり、サラ金対する取り締まりはされてこなかったのです。

それが、『内蔵を売ってでも金を作れ』という事件が起こり、これは誰でも記憶にあることでしょう。それがきっかけとなって、サラ金、消費者金融会社に対する取り締まりや規制が強化されていったのです。

まずは、夜間の取り立てなどが厳しく規制されました。それでも、決定的だったのが、グレーゾーン金利の撤廃です。それまでは、出資法と利息制限法という二つの法律で定められている金利の違いを、利用してより高い金利を採用していた出資法の金利で貸し出しが行われていたのです。それが、グレーゾーン金利だったのですが、それを、利息制限法の上限金利である20%に合わせたのです。

それだけでも、これからの金利手数料による収益が減るので、サラ金にとっては大打撃のはずだったのですが、さらに、過去にさかのぼって新しい上限金利での線引きがされるようになり、債務者が払いすぎた返済利息に対して差額を請求できる、いわゆる過払い請求が認められたのです。

それまでは取り立てる側だったサラ金が、今度は取り立てられる側になりました。重い過払い請求で経営破綻や廃業するサラ金が続出したのは、想像に難くありません。往時は3万社を超える消費者金融会社があったのですが、現在は2千社に満たない数になりました。どれだけ、淘汰したのかがわかるでしょう。ですから、現在残っている消費者金融会社はまっとうな消費者金融会社であり、安心してお金を借りることができる消費者金融会社といえます。

銀行カードローンに話を戻すと、誰でも銀行からお金を借りたいのですが、気軽に銀行カードローンを誰でも借りることはできないのです。というのも、銀行カードローンを借りるにしても審査が必要です。これはある程度の属性がないと借りることはできません。

この属性というのは信用度や返済能力、お金の借りやすさを計る指標のようなものです。属性が高いとお金が借りやすく、属性が低いとお金を借りることはできません。この属性というのはさまざまな項目から成り立っているのですが、中でも属性の高さを決める大きなウエイトを占めているのが、雇用形態です。

雇用形態というのは正規雇用と非正規雇用に分かれます。正規雇用はいわゆる正社員のことで、非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。これだけでも正規雇用の人の方が属性が高いことがわかるのですが、それは収入が多いとか少ないということではなく、会社が雇用を保障しているかどうかということです。

もっと具体的にいうと、雇用契約の期間が重要となるのです。正規雇用の人でしたら、入社してすぐに雇用契約を会社と結ぶのですが、それは定年まで有効です。つまり、長い人になると40年以上の雇用契約となるのです。

終身雇用が崩壊したとして久しいのですが、会社が終身雇用を放棄したわけではなく、雇われている人の離職率が高まったことで、誰もが定年まで一つの会社に勤める風潮ではなくなったということです。ですから、望めば定年まで勤め上げることができますし、会社が懲戒以外で勝手にクビにすることはできません。つまりは、雇用が定年まで保証されているということになります。

いっぽうの非正規雇用の人ですが、こちらの雇用契約は有期契約となります。期間は3ヵ月あるいは6ヵ月、1年といった短期間となります。期間満了となると会社と新たな雇用契約を結ぶか、雇用契約が更新されないとその場で退職ということになるのです。これを銀行から見ると、雇用が保証されていないことから、収入が安定していないとみられ、属性が低い、つまりは銀行カードローンの審査に通りにくいということになるのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者から預かった大切な預かり金ということも大きな理由です。大切な預金をカードローンの原資にしているのですから、貸し倒れに遭うわけにはいかないのです。

ですから、銀行はリスク回避の溜めに審査基準を厳しくしていますし、同時に、保証会社を提携しているのです。そのため、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行の審査を受けるのはもちろんですが、保証会社の審査も受けるのです。

当然ですが、保証会社の審査に通らなければ銀行カードローンを利用することはできません。この保証会社の役割ですが、銀行カードローン利用者が銀行に対して返済不能となった場合、保証会社はカードローン利用者に代わって残りの債務の全額を銀行に支払います。その後で改めて立て替えた金額を全額、保証会社はカードローン利用者(債務者)に請求するのです。

この時点ですでに債務整理に入っていますから、保証会社は債権回収会社として、債務者と任意整理の交渉に入ることになります。こうしてみると、銀行はカードローンの原資が戻ったのですから、ノーリスクに一見見えがちですが、返済不能以降の返済利息による収益がなくなったので、まったくのノーリスクとは言えません。

消費者金融会社からお金を借りる


銀行カードローンのデメリットは即日融資に対応していないことです。一頃はメガバンクのカードローンが中心となって即日融資を大々的に宣伝していました。しかし、その宣伝も今は見ることはできません。即日融資ができなくなったからなのですが、その理由は、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられたからです。

カードローンに融資の申し込みをすると、申込者の情報を警察庁のデータベースに照会します。これは不正融資を防止するための施策なのですが、その照会情報を得るのが早くても翌日以降となるからです。そのため、銀行カードローンは物理的に即日融資ができなくなったのです。

そのため、すぐにでもお金が必要な人は銀行カードローンではなく、大手消費者金融会社のカードローンに頼るようにしましょう。消費者金融会社のカードローンの特徴は、多彩な申し込み方法にあります。WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みに対応しているところも特筆に値します。また、メガバンクと提携している大手消費者金融会社でしたら、メガバンク行内に設置されている自動契約機を利用してカードローンの融資の申し込みをすることができるのです。

さらには、大手消費者金融会社のカードローンの最大の特徴が全国各地に設置されている、無人契約機です。24時間365日稼働している優れもので、いつでもカードローンの申し込みができる点が最大のメリットと言えるでしょう。即日融資にも対応していて、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通れば、すぐにローンカードが発行されます。それを持って、コンビニのATMでキャッシングすることができるのです。

北九州の中小消費者金融会社と街金でお金を借りる


大手消費者金融会社の審査基準は、消費者金融会社の中ではもっとも高く、延滞歴があるなど、属性に不安のある人では審査に通らない可能性もあります。

北九州にも大手消費者金融会社の支店や営業所、さらには無人契約機はたくさん設置されていますが、審査通過率は全国平均と同じで50%となっています。つまり、二人に一人は大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちているということになります。

半数の人が審査に落ちるということは、それでもお金が必要ですから、北九州の中小消費者金融会社や街金に融資の申し込みをしなくてはいけません。北九州の中心地は小倉です。小倉界隈には多くの貸金業者があります。有限会社ステイなどが有名ですが、多くの中小消費者金融会社の知名度は低いので、ネットを利用して小倉や北九州の貸金業者で検索するようにするといいでしょう。

さらに、街金などは小倉の商店街となる魚町銀天街の中にあったり、一つ外れた路地にあります。街金にありがちで、入りやすい雰囲気ではないのですが、貸金業者ですから、客に対しては丁重に対応してくれるでしょう。

ブラックでも借りることができる?


属性がある程度低くても、中小消費者金融会社や街金でもお金を借りることができるでしょう。

しかし、ブラックとなるとどうでしょうか。北九州の貸金業者も信用情報機関を通さない独自審査を行っている貸金業者があります。こういった貸金業者だとブラックでも借りることができるかもしれません。

ですが、独自審査なのかどうかという審査方法は公表しないのが一般的なので、ネットの口コミサイトなどで、北九州の貸金業者などの口コミを調べます。中にはブラックでも借りることができたといった投稿を見ることができるでしょう。街金の名前を出していることが多いので、そういった街金業者や中小消費者金融会社を訪ねて融資の申し込みをしましょう。

独自審査という審査方法は、電話による在籍確認と、収入証明書の提出をするとたいていは審査に通ることができます。基本的にはきちんと働いて収入を得ていることが分かれば大丈夫です。しかし、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、その点には注意が必要です。

個人間融資掲示板を利用する


北九州の街金で借りることができなかった場合は、最後の手段としてネットの個人間融資掲示板を利用しましょう。個人間でのお金の貸し借りになるので、リスクがありますが、それはお互い様です。個人間融資掲示板で貸す側はプロフィールなどを公開していますし、実績なども公表しています。

商売として個人間融資を行っている人がほとんどですから、実績の多い人をチョイスするようにしましょう。却って貸す側のほうがリスクが大きいので、借りる側もしっかりとマナーを守って利用するようにしましょう。

基本的に審査はないので、交渉が成立するとすぐに指定口座に振り込んでくれます。10万円程度の融資額が相場となります。