街金 5万借りる

お金が必要なら街金で5万借りる?

どうしても、お金が必要ならどうしたらいいでしょうか。たとえば何十万円何百万円と必要なら、いろいろな計画を立てなければいけません。そもそも大事業でも営んでいないかぎり、そんな何十万円や何百万円というお金を用意することは不可能なのです。

それでも、何百万円でも何十万円でもお金を借りることができる人もいるでしょう。実際に銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンなどでは、最高の融資額が800万円というところもあるのです。金融商品ですし、融資限度額まで必ず融資できるというものではないでしょう。しかし、限度額を設定しているのでそこまで融資できる、あるいは必要としている人もいるでしょうし、実際に融資実績もあることでしょう。

もっとも、銀行等の金融機関や消費者金融会社等の貸金業者から多額の融資を勝ち取るには、審査に通らなければいけません。審査に通るには属性が高いことが求められます。よく聞くことのある属性ですが、これはその人の信用度、ステータスと考えたら理解しやすいです。銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者からすれば、返済能力と言った方がわかりやすいかもしれません。一般的に属性が高いほど、審査に通りやすくなります。

また、属性というのは一つの項目ではなく、様々な項目で成り立っているのです。それぞれが数値化されてスコアリングされることもあります。実際にそういった数値の合算のスコアリングで、審査の合否の有無を決めることが多いのです。

それでは実際に属性というのは、どういったもので決められるのでしょうか。わかりやすいのは、勤務形態です。正社員とパートアルバイトではどちらが信用力が高いでしょうか。返済能力という一点に絞って考えてみると、正社員がパートアルバイトよりも属性が高いということになります。これは正社員の収入の安定性がみられるわけです。安定した収入があるほうが返済能力が高いと判断されるのです。

正社員の中でも属性があります。これは勤続年数です。勤続年数が長いほど属性は高いです。反対に勤続年数が数年という人は、属性が低いと言うことになります。カードローンなどの申し込み書に役職を書く欄があると思います。役職が付くと属性もよくなるのかもしれませんが、これについては真偽のほどがわかりません。もっとも、平よりも役職があるほうが属性が高くなるような気がしますね。

お金を借りるにはどうしたらいい?

5万借りるとなると、友人知人には頼みづらい金額です。このくらいなら身内を頼るという方法もありますが、友人知人や身内に貸し借りをお願いすると、まかり間違えば人間関係を壊しかねないのです。

お金を貸すほうは何も悪くないのですが、相手がお金を返すのを少しでも遅れたら気になりますし、催促するのも気がひけるものです。借りる側は、ちょっと遅れたくらいはいいだろうという甘えがどうしてもあります。だからこそ、友人知人や身内を頼ってお金を借りるのです。

それでもお金を貸す側としては、大切なお金を貸しています。それが友人知人といった旧知の仲であったり、身内であったりしても気になるものです。本当にちゃんと返してくれるのかと、疑心暗鬼にもなるでしょう。貸す側の心理としてはそういったものなのです。

これは、銀行や消費者金融会社などでも全く同じです。返済日に引き落としがなければ、銀行や消費者金融会社なども疑心暗鬼になるでしょう。友人知人の場合でも借用書などを取り交わすこともあるかもしれません。それもきちんとした契約です。返済日などの決まった日には、その日までにきちんと返済するようにしなくてはいけないのです。

銀行や消費者金融会社などもカードローンの契約書では、返済日や引き落とし日がきちんと明記されていることと思います。その日に引き落としができない場合、すなわち返済できなければ滞納ということになります。滞納くらい、と思う人もいることでしょう。うっかりミスで、銀行口座にお金を入れ忘れたという人もいるかもしれません。

しかし、滞納は滞納です。それが度重なれば、信用情報機関にもしっかりと記録されます。滞納というと金融事故とまでは言い切れません。滞納してもそれについて遅延損害金を添えてきちんと返済すれば、金融事故にはならないのです。それでも滞納した事実は消えません。それが新たな融資の審査のときに、銀行や消費者金融会社などからの照会で判明するので、その融資の審査については通ることはないでしょう。滞納というのはそのくらい融資の有無を左右する、大切なものであることをしっかりと理解しておく必要があります。

一般的には、身内や友人知人に借りるのは憚られるという人が多いです。そのような場合は、クレジットカードのキャッシング機能を、利用する方法があります。5万円程度でしたら、翌月返済でもいいでしょう。しかし、気をつけないといけないのは、クレジットカードのキャッシングは借りた翌日からしっかりと金利手数料がかかることです。ショッピングの翌月払いでは金利手数料はかかりませんから、それと同じと思っていたら、翌月の支払いで金利手数料がかかっていることに、びっくりする人もいることでしょう。

もっとも、5万円の金利手数料1ヵ月分ですから、千円に満たない金額になると思います。それでも千円かかると思ったら、かなりの出費に感じてしまいます。

街金でお金を借りるということを考える

街金という響きから、おらが街の消費者金融会社というイメージがあります。昔ながらの質屋を、イメージする人もいることでしょう。実際に、質屋と街金が一緒になっているような営業形態の街金もあります。

実際には、質屋と街金は似て非なるものなのです。質屋はどちらかというと、古物商に分類することができるでしょうか。それでもお金を返済するということでは、同じように考えてもいいでしょう。そう考えると、大金ではなくちょっとしたお金を借りる、あるいは用立てするということを考えた場合に、質屋なども選択肢に入れてもいいかもしれません。

もっとも、5万円を借りるとなると、それなりの価値のあるものを預けなくてはいけません。それが自分にとって大事なものでしたら取り返すために、必死になってお金を作ることでしょう。また、それほど大事では無く金目のものがあったら、そのまま預けてお金を支払わないという選択もできます。そういった場合、預けたものは質屋のほうで販売することになるのです。俗に言う、質流れ品ということですね。

質屋は預かった品物を、担保にして貸し出しをするということです。預ける側としてはお金を用立てできるメリットがありますし、決められた期日までにお金を返済すれば、預けていた品物を取り返すことができます。そういった働きを質屋はしてくれているのです。今は質屋の数は少なくなったようですが、街の商店街の片隅、ひっそりとたたずんでいるかもしれません。

街金に話を戻します。街金も質屋と同じように、その所在はそれほど目立ったものではありません。大手消費者金融会社あるいは中小消費者金融会社と比較すると、その規模はとても零細に見えるものです。店舗も一つしかなく、さらにインターネットでホームページを持っている街金はごくわずかです。本当に、地元の人にしか融資をしないといったスタンスの、街金が多いのです。

たまに街金を、闇金と勘違いする人もいます。ヤミ金は非合法の貸金業者です。都道府県知事の許認可を得ていませんし、貸金業協会の会員にもなっていないでしょう。ですから、店舗に行ったとき都道府県知事の許認可証や、貸金業協会の会員証の有無をチェックするようにしましょう。無ければヤミ金と考えていいです。

街金で借りるということ

街金で借りる、あるいは街金でしか借りることができないという、二つの理由があるでしょう。街金で借りるという場合は、街金のほうが使い勝手が良いという面があると思います。街金というと、借りやすいというよりも、審査に通りやすいというイメージがあるでしょう。中には、ブラックの人でも借りることができるという、口コミもあるくらいです。

顔なじみだから、街金で借りるという人も中にはいるかもしれません。昔からよく知っている街金だったら審査もあってないようなもので、ある意味顔パスのような感じでお金を借りることもできるのです。それが街金の良いところでもあるでしょう。

ですから、よくいく商店街の中にあるような街金で昔から馴染みがあるのでしたら、借用書にサインするだけでお金を用立てしてくれるでしょう。そうなると、ブラックとかそんなものは関係ないということになります。お金を出す側の街金としても昔からの顔なじみで、家も近くで貸し倒れがないと考えているのは間違いありません。

街金の場合は小口融資が基本です。貸しても最大で50万円までというのが多いですから、貸しやすいということもあるでしょう。ですから、街金で借りる一つの要因としては、顔なじみであること、使い勝手が良くて借りやすい、すぐに用立てしてくれるので、欲しいときにお金を手に入れることができるという点ですね。

もっとも、それで、返済ができなくなると訴訟沙汰になることもあるでしょう。しかし昔からの馴染みですし、別に銀行や消費者金融会社から、借りてもいいお金を馴染みということで街金から借りるのですから、返済については心配のないことが多いと思います。

銀行はやはり借りにくい

お金を融資してもらうなら、銀行カードローンが一番です。キャッシングについては、金利が、もっとも低いところから借りるのが鉄則だからです。返済利息を考えたら、当然のことです。

それでも銀行は審査が厳しいですから、多重債務者であれば銀行カードローンの審査に通ることはないかもしれません。また、その場合は大手消費者金融会社の、カードローンに申し込むという方法があります。銀行よりも総じて、消費者金融会社のほうが審査が甘いからです。

その一方で最近ニュースになったのが、大手貸金業者のカードローンの審査に落ちたのに、銀行から借りることができたというものです。これは銀行の収益状況が悪化しているのが一つの要因になっているのでは、という憶測もあります。総務省からも、銀行カードローンの貸しすぎにも注意勧告が出たということです。それを考えると、銀行カードローンの審査はこれから厳しくなることが予想されるのです。

結局は銀行カードローンの審査には、属性に不安のある人は通りにくいということに変わりはないようです。

お金の流れも上流から下流へ

水が上流から下流に流れるように、お金の流れもそういった傾向があります。銀行を上流に例えると、下流は街金ということになります。中流が消費者金融会社の大手から、中小規模の消費者金融会社ということになりますね。

お金を借りる際は、事前に相談することも必要になってきます。銀行などの、融資相談窓口を訪ねてもいいでしょう。融資相談でしたら、大手から中小さらには、街金などでも対応しています。そこで、簡単な事前審査なども行って融資可能かどうか、審査に通れば融資額はこれくらいになるというのも教えてくれます。

実際に、闇雲にカードローンの申し込みをするよりも、こういった融資相談窓口を訪ねて相談するほうがいいでしょう。属性については説明したのですが、融資は正社員といった安定した収入のある人が受けやすいです。しかし、お金が欲しい人は、正社員ばかりではありません。今は正社員の割合はどんどん減っていて、労働者全体の半分程度が正社員ということです。総人口になったら、もっとその割合は小さくなることになります。

そして、主婦がお金が必要になるということもあるでしょう。主婦でも、専業主婦や仕事をしている兼業主婦もいます。兼業主婦ならともかく、専業主婦はさすがにお金を借りることはできないだろうと考える人も多いことでしょう。

しかし、実際にはそうでもないのです。兼業主婦よりも専業主婦のほうが、お金を借りやすい場合もあるのです。というのも、兼業主婦の場合はパートなどで稼いだお金が、審査に反映されます。対して、専業主婦は収入がありません。ですが、専業主婦の場合は、世帯収入が審査に反映されるのです。それが専業主婦の特権と言ってもいいでしょう。専業ですから、配偶者が存在するということがわかります。

兼業主婦の場合は、その人本人の収入で審査を受ける場合はシングルの人も考えられるわけです。世帯収入は、その人本人の収入ということになりますから、場合によっては審査に落ちます。一方で、専業主婦の場合は配偶者の収入によりますから、審査に通る可能性が格段に上がるのです。ですから、専業主婦ならではの世帯収入で、カードローンの審査に通る確率が上がるというわけですね。

お金は上流から下流へ

銀行や、大手消費者金融会社の審査に落ちたとしたら、次は、中小消費者金融会社のカードローンに申し込みをしましょう。審査基準も銀行や大手消費者金融会社よりも、甘くなっているのは間違いありません。銀行や大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちまくったという人も、中小消費者金融会社の融資キャッシングでは借りることができるかもしれません。

中小消費者金融会社でも、大手消費者金融会社並に全国展開している消費者金融会社もあります。カードローンでローンカードを発行していて、全国の銀行ATMやコンビニATMなどが利用できるので、大手で断られた場合でも全国的に展開している中小消費者金融会社があるので、そういった面でも使い勝手はよいところもあります。

審査は甘いのですが金利がどうしても高くなるのは、仕方のないところでしょう。

どこからも借りることができなかったら街金へ
銀行はもちろんですが、消費者金融会社は大手から中小まで借りることができなかったらどうしたらいいでしょうか。そうなればあとは、街金しかありません。しかし、銀行から中小消費者金融会社まで融資をずっと断られてきたのでしたら、属性が相当悪いと思ってもいいでしょう。

無職の場合でも、世帯収入でお金を借りることができます。大手消費者金融会社からでも、借りる方法があるのです。ですが、それすらもできないということは、多重債務でどこからもお金を借りることができない状態ということが想定できるのです。

また、中小消費者金融会社でも独自審査を行っていて、信用情報機関を通さない審査を行っているところがあります。こういったところは、正直にいうと借りやすいと考えていいでしょう。その反面、金利は利息制限法一杯の20%を設定しているところが多いです。それでも融資金額が多くなれば金利も下がりますから、上限金利の20%がどの融資金額にも設定されるということはありません。

融資率については、銀行や大手消費者金融会社よりも中小消費者金融会社のほうが高いです。困っている人に親切に対応しているというよりも、多少属性が低くてもどんどん貸し出しをしているという表現のほうが近いかもしれません。

それでは、昔のようなヤミ金に近く取り立てが厳しいのでは?と、思う人もいることでしょう。現在は、そんなことはありません。夜遅くに電話がかかってきたらそれはそれで違法ですし、取り立てを厳しくしたらそれで罰せられるのは貸金業者のほうです。

貸金業者の対応として返済が滞っている利用者に対しては、数度の督促のあと返済してもらえなかったら裁判所に調停依頼を出します。これがいうなれば、貸金業者の対応の全てということになります。

お金の回収を債権回収会社に委託するということで貸金業者のほうは、融資金額を確保することができるのです。利用者としては、それから話をするのは債権回収業者ということになります。その時点でブラック状態は確定です。わかりやすい話をすれば、ここからは債務整理ということになるのです。

借金の返済に借金をするということ

実際に債務整理や自己破産者に陥る前に、いろいろとあちこちから借金をして金策に走ることが多いことでしょう。できるだけ借入れをして借金の返済に充てるのです。

キャッシング業者の中には、多重債務に陥っている人にもお金を貸してくれるところもあります。信用情報機関の情報に頼らずに、独自審査でお金を融資してくれるところです。こういうところは事前にキャッシング相談に応じてくれるところもあります。名無しのような知名度の低い貸金業者もありますから、そういったところはネットの口コミなどで探すようにしましょう。

探せば意外、融資をしてくれる融資業者も少なくありません。交渉次第というよりも、申し込んだらすぐに融資OKとなる街金もあります。ですから、あきらめずに探すことが大切なのです。

最後の砦となる街金

銀行から大手消費者金融会社、さらには中小消費者金融会社などから融資の申し込みを断られてきたら、最後の頼みは街金しかありません。しかし、街金はその規模からして大口融資は期待できません。ですから、100万円200万円借りたいというのでしたら、中小消費者金融会社まででしょう。街金では借りることができても、せいぜい50万円といったところなのです。

しかし、街金の良いところは無職の人でも借りることができる点でしょう。この点は、同大医学部卒業であっても無職であっても、条件は全く変わらないのです。審査基準は甘く、申し込んだらすぐに融資OKという場合もあります。金融事故などの事故情報を起こしている、ブラックの人でもお金を借りることができるのです。まさに、スピード審査と言えるのですが、欲しいときに欲しいだけというわけではありません。それでも5万円という金額でしたら、申し込みをしてすぐに即金で借りることができるでしょう。

それでは、どうして街金はそんなにすぐにお金を貸してくれるのでしょうか。通常でしたら、街金は大手よりもさらに中小消費者金融会社よりも、お金は借りやすいです。しかし、多重債務に陥っていてどこからも借りることができない人は、街金でも借りることはできないでしょう。そういう人に貸しても、貸し倒れになるのは目に見えているからです。

それではブラックの人はどうなのかというと、これは融資を受けることは可能でしょう。それは、どういうことかというと、現在借金であえいでいる人には街金もお金を貸さないのです。
貸したくても焦げ付きが目に見えているからですね。

それではどうして、ブラックなど破産者の人には貸せるのかというと、それは一度借金を清算しているからです。ブラックの人にお金を貸さないのは、銀行や大手や中小消費者金融会社からの社会的制裁と考えていいでしょう。街金の場合は一旦借金を清算して、収入も安定している人でしたらお金の貸し出しをするのです。ブラック融資OKということですね。

実際にブラック状態の人がスピード審査で、その日のうちに融資を受けたという口コミは多いです。電話連絡で、すぐに街金に行っても融資を受けることができるでしょう。ブラックの人に、融資をしないという法律はありません。ですから、現在の返済能力を加味して街金はお金を貸してくれるのです。

たとえ5万円の借入れでも、ブラックの人には消費者金融会社は融資をしてくれません。しかし、街金はそういう人でも融資をしてくれるところが多いのです。ブラックなど関係なくても、5万円の借入れなら街金が気楽にお金を貸してくれるので、一番のおすすめと言ってもいいかもしれません。