街金業者ってどうなの?

街金業者ってどうなの?

消費者金融会社にもいろいろあるのですが、その末端に位置するのが街金業者です。おらが町の消費者金融会社と言ったらいいのでしょうか。商店街の一角にひっそりとお店を構えている印象で、間違いありません。

昔で言うと、質屋がそのまま街金になったイメージでもいいでしょうか。その規模からして多くの融資を受けることは難しそうですが、それでも街金によっては百万円といった融資を受けることもできるところがあるようです。審査も消費者金融会社の中でも特に緩く、誰にでも貸してくれる印象が強いです。融資の申し込みについても、公式サイトが用意されていないことが多いので、店頭に出向いて申し込みをすることが前提になっているところが多いのです。

ですから、口コミサイトなどで簡単に融資をしてくれるという情報を掴んでもそこまで行かなくてはいけないので、自ずと街金業者を選ぶ選択肢も限られてくるのです。電話でも応対をしてくれるのですが、対面での申し込みが原則です。本人確認が基本的に対面ではないと行われないということも理由の一つです。

銀行はもちろん、多くの消費者金融会社が加盟している信用情報機関ですが、街金の場合は加盟していないことが多く、独自審査を行っているところが多いです。ブラックで自己破産者については官報に載るなどで確認することができるのですが、任意整理者となると信用情報機関に照会しなければわからないこともあります。そういったことが街金業者ではわからないので、独自審査とは言っても現在きちんとした職業についていて、収入があるのなら貸し出しをしようという基準で、審査に通ることが多いのです。

申し込みをしすぎて審査に落ちてしまうといった申し込みブラックのような人でも、そのような照会情報を街金業者は得ることがないので、申し込みブラックの状態でも問題なく街金からは融資を受けることができるでしょう。この申し込みブラックというのは、融資の申し込みをしても審査に通らない場合はそういった情報も信用情報機関に記録されるのです。

そして、新たな融資の申し込みをされた消費者金融会社が信用情報機関に照会すると、申し込みをして審査に落ちたという情報を獲得します。他の消費者金融会社の審査に落ちたのなら、こちらで通すわけにはいかないということで、その消費者金融会社の審査も落ちてしまうというわけです。それが連鎖するので、どこの消費者金融会社に融資の申し込みをしても審査に落ちてしまうことを、申し込みブラックと呼んでいるということですね。

主婦の場合でも融資を受けることができるのでしょうか。実際に専業主婦の場合は世帯主がいることが容易に想像できますから、世帯収入が考慮されて融資の審査にパスすることが多いです。その際は世帯主の了承を得ることになります。それは銀行や大手消費者金融会社でのことで、街金や一部の中小消費者金融会社では違います。まず、申し込み内容が伏されるので、身内でも融資の申し込みをしたということがわかりません。それでも属性に問題がないとわかれば融資を受けることができるのです。

簡単に審査に通ることができるという人気の消費者金融会社になると、審査落ちがありませんからそういった情報がすぐに飛び火して人気が過熱することになります。融資を受けたいという人が殺到すると、お金を貸すという原資が無くなりますから、途端に審査が厳しくなってくることもあるのです。