融資審査の基本は電話?審査内容は複雑

融資審査の基本は電話?審査内容は複雑

審査基準が甘い街金の担当者は、直接電話で審査をする場合もあります。
希望額5万程度ですが、審査の上信用情報に金融事故がある場合、まずは内容確認をすることがあります。

融資相談窓口としてブラックOKの口コミがある融資業者では、確認だけではなくいろいろな質問を投げかけてくるケースもあります。それが独自審査の形です。

大手よりも多い書類と審査内容

街金で5万借りるにしても審査通過後、収入証明書などの書類を郵送してからのキャッシングになることが多いです。すべての書類が揃って確認をした上、在籍確認が行われる所もあります。
決してスピード審査ではないのですが、評判の良い街金ほど審査には時間をかけて行うことが多いです。

多重債務者などは延滞がないことを調べられたり、収入からの返済能力を確かめるだけではなく、返済計画などを聞かれることもあります。破産者なども理由を聞かれることがありますが、内容だけではなくその態度も審査されることがあります。

大手消費者金融や銀行カードローン審査では、インターネットでの申し込みでWEB完結がほとんどですが、街金では何かと段取りがいろいろとあります。

融資審査は慎重に

事故情報については、街金の許容範囲も問題になります。
公表はないのですが、5万は無理だけど2万円ならキャッシングができるとか、かなりの事故情報でもすんなりと審査通過ができることもあります。これは担当者の意向もありますが、完済の可能性が高いキャッシングを選ぶということです。

要するに街金での返済能力では、多重債務者なら他社とのバランスも確認をします。
勤務先が大手だったり公務員の場合は、信用情報が多少悪くても収入の安定を見込めることができます。
勤続年数が長いとか、過去の事故情報の理由などで考慮されます。

さまざまな理由のブラックリストが存在していますが、1人1人違う審査結果で対応しています。
有利な融資も存在しているのですが、あくまでも街金の最初の融資は小口融資が対象になります。

余談ですが、ある程度の信用を作ることで、街金での将来の大口融資も期待できます。
信用と言うのは完済実績を作ることです。街金での5万借りることが最初はできないとしても、1万円とか3万円という借り方で完済を続けることが信用ができることもあります。

多重債務者の場合は、延滞しないように返済に工夫をすることで徐々に総量規制を広げ、大口の融資ができるようになることをおすすめします。街金利用は、計画的に。