独自審査でブラックOK 審査基準の甘さと金利の高さ

独自審査でブラックOK 審査基準の甘さと金利の高さ

街金の融資審査は、独自審査とも言われています。
ほとんど大口融資はしていないのですが、10万円以下の小口融資には前向きです。
ですから、街金での5万借りることは案外と審査通過ができたとの口コミも多数あります。

東大医学部MIHOのブログ

このブログでは、消費者金融の様々な情報が網羅されています。
ブラックのキャッシング相談の解決策が見える内容ですが、事故情報のブラックでも借りれる街金などが紹介されています。専業主婦の借り方や自己破産者でも借りれる街金もあります。

信用情報での金融事故は、大手消費者金融や銀行カードローンの審査では審査落ち対象です、
そんな方でも街金での独自審査で借りれるとのことです。条件は様々ですが。

無職と専業主婦

ともに収入がない方ですが、専業主婦は配偶者貸付制度がある街金での借入ができる可能性があります。
無職に関しては最初から審査落ち決定です。

自己破産者や多重債務者、債務整理者なども審査通過が可能ですが、収入があり、現在の返済能力が独自審査の大きな鍵になります。返済できます、この収入がありますからという約束が必要なのです。

無職と専業主婦に関しては、安易な約束ができないことから審査に通らないのです。

街金の小口融資

街金で、20万円借りると言うのは難しいことです。
たいていの街金の最初の限度額が10万円以下の設定です。それも申込者の総量規制の余裕がある場合のみで、多重債務者ですでに総量規制の余裕が2万円しかないのに5万の希望額は通らないでしょう。

口コミなどをみると、実際の融資額が希望額を下回ることが多いのですが、これは総量規制と深く関係しているからです。債務整理者なら自己破産後などは借入金がゼロだったりします。

また、任意整理完済後等もすでに借入金がない状態での申し込みです。
街金としては、このような場合の融資には積極的です。

甘い審査と金利

街金の金利は、大手や銀行カードローンよりも高いです。
利息制限法20%ギリギリのところが多く、5万借りる場合はこの利息になることが多いです。
これは、最初から街金の金利は高い設定になっていることで、ブラックだから高くなっているわけではないのです。

審査基準が甘く、ブラックにも優遇という点においては仕方のないことですが、返済能力で元金とこの金利を完済できるという審査に透過したものだけが、街金での5万程度のキャッシングが可能です。

審査期間は長い

街金の即日融資はあまりないです。
審査融資としては、時間をかけて審査の上で振込キャッシングの方法です。
カードローンの所は少なく、たいていは指定銀行口座に振り込まれる形になります。

ブラックOKの街金ではこの方法でのキャッシングですから、スピード審査はあまり期待しないほうが良いです。対面審査のところもあり、担当者と直接会わなければ審査が始まらない融資業者も存在しています。