優良 街金

お金がすぐにほしいときはどうしたらいい?


お金がすぐにほしいときは友人知人にまずは頼るようにしましょう。必要なお金が3万円程度でしたら、銀行や消費者金融会社でお金を借りることを考えるよりは友人知人からお金を借りたほうがいいです。もちろん、友人知人がお金を持っていることが前提ですし、わざわざ銀行から引き出してくるということをせずに財布の中からサッと出せることが原則です。

3万円が財布の中に入っているのかということですが、意外とそのくらいの金額は誰でも財布の中に入れているものです。しかも小遣いですから、なんとでもなるお金といえるでしょう。もちろんお金を貸すということは手持ち資金がなくなるので、困る人もいるかもしれませんが、友人知人でしたらそれでもお金を貸してくれることでしょう。

それは、昔からの信頼関係ができていることと、友人が困っているときはお互い様だからです。それに、友人知人がお金を貸してくれというのもなかなかないことですから、よほどの窮状と考えたら何とかしたいと考えるのが昔ながらの友人なのです。

財布の中にお金が入っていることが基本となるのですが、たいていの場合は手持ちに3万円程度でしたら置いていることでしょう。この場合、借りる側が借用書を用意しておいたほうがいいでしょう。というのも、通常でしたら、貸す側が借用書を用意するものですが、友人知人の関係ですから、借用書を用意するのも気が引けることでしょう。そこを察して借りる側で借用書をあらかじめ用意しておくのです。友人のほうも、水くさいとか言いそうですが、内心では借用書があったほうがいいのは間違いないのでホッとすることでしょう。

借用書には次の給料日に一括で返済する旨のことを一筆したためておくようにします。間違っても分割返済などとしてはいけません。友人知人との貸し借りで3万円という少額ですから、一括でできるだけ早く返済するようにします。友人関係といってもお金でこじれると意外ともろく関係が崩れてしまうものだからです。

お金の貸し借りはどういった場面であってもしっかりと期日を守って返済するようにしましょう。銀行や消費者金融会社のほうはもっとシビアですから、期日は必ずまもらなければいけません。それ以上のお金が必要な場合は、友人知人に頼るのではなく、身内に頼るようにしたほうがいいでしょう。友人関係でしたら少額までと割り切るようにしなくてはいけません。そのボーダーラインとなる金額が3万円ということになるのです。

他には、家にある不要品を買い取り業者に買い取りしてもらうという方法があります。不要品ですから誰にとっても不要品です。そのため、買い取り価格もそれほど高い物にはなりませんし、中には買い取り不可というものもあるでしょう。それでも不要品の処分ができるのですから、できるだけ多くの物を買い取りあるいは処分してもらうようにしましょう。そうすることで家にある不要品が片付いていくのです。

それでも不要品ですから、買い取り価格も1万円か2万円くらいのものでしょう。そうなると必要なお金が3万円となるとまだまだお金が足りません。そうするとどうしたらいいのかというと、書籍やコミックなどを買い取りしてもらうようにしましょう。人気コミックの全巻セットがあればかなりの高価買い取りになりますし、それでなくても冊数がおおければかなりの買取値が期待できます。

いずれにしても1万円2万円くらいは期待できるので、それだけでも総額で3万円に届くことができるでしょう。書籍やコミックは価値の分かる古本屋などに依頼すると、より高価買い取りが期待できます。いずれにしても、家にある不要品の処分なので何度も頻繁に利用できるものではありませんが、ここぞと言うときに利用すると少額ではありますが、数万円程度でしたらなんとなるでしょう。

他にはバイトをするという方法があります。この場合気をつけたいのは、すぐにお金が欲しいのですから、日払いのバイトを探さなければいけません。男性の場合でしたら、日払いのバイトはガテン系のバイトしかないでしょう。かなり体力的にきついですが、1日で1万円稼ぐことができるので、なんとか3回がんばれば目標金額に達成します。

友人に借りることなく、銀行や消費者金融会社から借りることもなく、自分の力で稼ぐので、誰にも迷惑をかけることなく、借りるのではありませんから返済することもなく、お金を調達するには一番良い方法なのですが、それでも、体力を消耗するので体力に自信のない人は控えたほうがいいかもしれません。日払いのバイトはそれほど多くはないようです。ですから、ネットで探すよりもハローワークに朝から並んでおいたほうが確実かもしれないので、ハローワークより事前に情報を入手しておくとよいでしょう。

銀行カードローンでお金を借りる


まとまったお金が必要な場合は、銀行か消費者金融会社からお金を借りるとよいでしょう。そうなると金利の低い銀行からお金を借りるほうが望ましいということになりますが、銀行からお金を借りてキャッシングしようと思っても、銀行カードローンに融資の申し込みをしなくてはいけません。

そうなると、審査が必要になるのです。審査は人によっては落ちてしまうこともあるので、誰でも気軽に銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者からお金を借りることはできないのです。金利の低い銀行カードローンでお金を借りようと思っても、審査に際に信用情報機関に信用情報を照会されて、属性が低いと審査に落ちる人も少なくないのです。

この属性というのは、信用度や返済能力といった指標となるものです。属性が高いと、銀行カードローンや大手消費者金融会社のカードローンの審査に通りやすくなりますし、属性が低いと審査に通りにくくなります。

当然ですが、金融事故を起こした自己破産者などのブラックの人は審査に通ることはありません。銀行カードローンの審査は特に厳しく、その理由として銀行カードローンの原資が、口座開設者から預かった大切な預金ということがもっとも大きな理由です。大切な預かり金を他の人の融資に使うのですから、貸し倒れをもっとも警戒するのです。そのため、リスク回避のために、提携している保証会社の審査にも通らなければいけません。

つまり、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、カードローン申し込みは、銀行と保証会社の2者の審査を受けなくてはいけないのです。当然ですがどちらか一方でも審査落ちすると、お金を借りることはできません。保証会社の役割はどういったことかというと、カードローン利用者が返済不能になったときに、保証会社がカードローン利用者に代わって、残りの債務の全額を銀行に返済するのです。

そうして立て替えたお金はカードローン利用者(債務者)に請求し、そこから任意整理が始まるということになります。返済不能となって、保証会社が銀行に返済した時点ではすでに債務整理に入っていることになるのです。銀行からしてみると、まったくのノーリスクに見えるのですが、返済不能になった時点で期待されていた返済利息の収益がなくなってしまうのですから、銀行側としてはまったくのノーリスクとは言えないということです。

銀行カードローンにデメリットがあるとしたら、即日融資に対応していない点です。これは、銀行カードローンに融資の申し込みをした場合、申込者の信用情報を、警察庁のデータベースにアクセスして照会しなくてはいけないためです。照会情報は早くても翌日以降となるので、実質的に銀行カードローンの即日融資はなくなったということです。不正融資を防止するためのものですが、即日融資を求めるには大手キャッシング業者である、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社に頼るしかありません。

消費者金融会社のカードローンでお金を借りる


銀行カードローンでお金を借りることができなかった人が頼りにするのは、大手消費者金融会社のカードローンです。審査基準も銀行よりも厳しくなく、パートアルバイトなど属性に不安のある人でも十分にお金を借りることができるでしょう。

アコムやプロミスなど大手消費者金融会社のメリットはなんといっても、多彩な申し込み方法にあります。その中でも、無人契約機の存在は大きいと言えるでしょう。24時間365日稼働していていつでも融資の申し込みができる点が大きいです。

即日融資にも対応していて、当日の22時までに手続きを終えて審査に通れば、ローンカードが発行されて最寄りのコンビニATMですぐにキャッシングすることができます。最近ではローンカードを利用しないカードレスサービスも行われているようです。スマホ必須となりますが、かなり便利なサービスと言えるでしょう。

中小消費者金融会社と街金で借りる


消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社は少数派です。カードローンを扱っているのも大手消費者金融会社となるのですが、審査基準も消費者金融会社の中では高く延滞歴などがあるような人でしたら、審査に通ることはできないでしょう。

延滞しても返済すれば問題ないのでは、延滞遅延金も支払っているし…という人もいると思いますが、延滞というだけでも明らかな契約不履行ですから、延滞したという事実だけでも大きな問題なのです。すぐに返済すればとりあえず賃貸契約は続きますが、延滞が続いてそのまま返済不能となってしまうと債務整理となってしまうのです。

消費者金融会社の中でも、大手に準じるような業容の中小消費者金融会社でしたら、大手消費者金融会社と同じような審査基準となりますし、中には街金に毛が生えたような中小消費者金融会社もあります。また、さまざまな特色を持った中小消費者金融会社もあるのです。

一部の中小消費者金融会社や街金では、審査方法も信用情報機関を通さない独自審査を行っているところが多くなっています。この独自審査の審査方法はとてもシンプルで、電話による在籍確認が取れること、さらには収入証明書などの書類の提出ができたら審査OKということになります。

これによってブラックといった属性の低い人でも、審査に通ったという書き込みをネットの口コミサイトなどで見ることができます。もっとも、自己破産者などのブラックでもお金を確実に借りることができるというわけではないので、その点は注意しましょう。

優良街金でお金を借りる


消費者金融会社でしたら、どうしても総量規制という問題が立ちはだかります。収入の3分の1までしか借りることができないというものですが、街金なら借りることができるかもしれません。

というのも、総量規制にかかっている人は、毎月の返済もそれなりに多いでしょう。街金から借りることができるお金も10万円程度が相場ですから、毎月の返済額が3万円5万円ということでしたら、2、3ヶ月もあれば、街金から10万円程度は借りることができるのです。

また、街金の貸出額の10万円というのは総量規制の誤差の範囲でもあるので、総量規制をあまり気にすることなく街金からお金を借りることができるでしょう。もっとも、それも1度きりという制限があるのは忘れてはいけません。