お金が必要だけどどこも貸してくれない

お金が必要だけどどこも貸してくれない

お金がどうしても必要だけど、どこもお金を貸してくれない。どうしたらいいのでしょうか。こういった場合、銀行や消費者金融会社からお金を借りることができないという人でしょう。銀行からお金を借りることができないというのは、後述しますがこれはよくあることです。

しかし、消費者金融会社からお金を借りることができないというのは、かなり深刻かもしれません。ですあg、消費者金融会社でも会社の規模によって、かなり大きな差があるのです。多くの人がお金を借りることができないと言っているのは、アコムやプロミス、さらにはアイフルといった大手消費者金融会社のことを指していることが多いのです。大手消費者金融会社となれば、銀行ほどではないですが、消費者金融会社全体の中では審査が厳しくなります。多くの人に貸しているので、返済能力のなるべく高い人に貸したいというのは、当然のことだからです。

お金が必要だ、お金を借りなくてはいけないと思ったときに、まず一番に頭に思い浮かぶのは銀行からお金を借りることです。それには、消費者金融会社がサラ金といったイメージがつきまとっているのも、一つの要因とも言えます。しかし、それ以上に誰もが銀行で借りるほうが、消費者金融会社のカードローンの金利よりも低いことを知っているからです。

お金というものはどこから借りてもお金の価値は変わりません。それなら、金利の低いほうが返済利息も安くなるからです。これは当然のことですね。それでも、銀行カードローンは誰もが利用できるわけではないのです。銀行カードローンの審査が厳しいというのは、どういった基準で厳しいのかをきちんと知らなければいけません。この審査が厳しいというのは、その人の属性が低いことがあげられるのです。

銀行カードローンに限らず、カードローンや普通のローンを申し込むときは、条件として安定した収入のある人というのがあります。これは消費者金融会社の場合は便宜的な場合が多いのですが、銀行の場合はこれが絶対的な条件となる場合が多いのです。ですから、この点において銀行のほうが、審査に厳しいと言えるのは正解ということですね。

銀行は預金者からお金を集めることができる

銀行のメリットというか、資金を預金者から集めることができるのが大きなメリットと言えるでしょう。集めるというよりも預金者が文字通りお金を銀行に預けるのですが、単純に預けるだけではないのです。銀行は預金者から預かったお金を使って、それをまた別の人に銀行カードローンなどで融資を行っているのです。

預金者からお金を預かるということは、預金者に預かり利息を支払わなければいけませんが、金利は歴史的な低金利となっているので、それほどの痛手はないのかもしれません。もっとも、預かっているお金が膨大ですから、利息もそれなりに付くでしょう。そのお金を今度はまとめて、日本銀行に預けることで銀行も利息が利益となっていたのです。

ですが、昨今のマイナス金利政策で、日本銀行に預けるだけ金利手数料を反対に徴収されるようになりました。そうなると、銀行は預かったお金を運用に回すか、銀行カードローンなどで貸し出す方向に舵を切ることになったのです。

しかし、今日のこの頃では、大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちても、銀行カードローンの審査に通るといった逆転現象が起きるくらい、銀行カードローンの過剰融資が目立ってきたということです。それによって、総務省から通達が出たというニュースもありました。後述しますが、銀行の場合は総量規制といった規制がないので、いくらでも融資ができるという点で、個人への過剰融資に対して自制しなくてはいけない立場なのかもしれません。

銀行の場合は、預金者からお金を預かっていて、そのお金を保証しなくてはいけません。ですから、そのお金を返済能力の低い人に貸し出すことは避けなければいけないのです。従って、銀行の審査が厳しいと言われているのも、そこに理由があります。つまり、銀行の場合は過剰融資が過ぎると、反対に自制するように通達がでるものなのかもしれません。このようなことからもわかるように、銀行の審査はやはり厳しいとみたほうがいいでしょう。

総量規制は消費者金融会社のカードローンだけ

融資に対して総量規制というものがあります。これは年収の3分の1までしか借りることができないというものです。法律で決められているので、貸金業者である消費者金融会社はこれを遵守しなくてはいけません。

一方の銀行はどうかというと、この総量規制は対象外となっているのです。ですから、極端に言えば、銀行カードローンはいくらでも借りることができるということですね。もっとも、融資可能額というのが設定されているので、上限までしか借りることはできません。消費者金融会社のカードローンでも、融資可能額が800万円という設定がされているものもあります。しかし、年収が300万円の人でしたら、いくら融資可能額が800万円であっても、借りることができるお金は100万円がリミットとなるのです。

総量規制がひかれた当時は、消費者金融会社からお金の借りすぎで返済できずに、自己破産や債務整理(任意整理)する人が多かったのです。それを規制するために、総量規制ができたのですが、それによって消費者金融会社からの新たな借入れができずに、一時的に自己破産や任意整理に陥る人が続出したという経緯があります。現在は落ち着いているのですが、この総量規制は消費者金融会社にとっては、大きな足かせになっているのは間違いありません。

また、消費者金融会社からの借入れの際に、すでに銀行カードローンでお金を借りていて返済中という人も、その残債は総量規制の対象にはなりません。ですから、銀行と消費者金融会社の双方からお金を借りていても、銀行からの借入れの残債は総量規制に含まれないのです。このことから、まだどこにも借金をしていない状態でしたら、属性も低くはありませんし、まずは銀行からできるだけお金を借りておいたほうがいいでしょう。

実際に、最初に借金をする人は、先のことまで考えない人が多いのです。それでも、最初の借入れはできるだけ銀行カードローンにしたほうがいいのです。銀行で借りてそれをきちんと返済していくことで、属性が上がっていきます。それが実績となって、次の借金の審査もスムーズに行くことが多くなるからです。

銀行からの借入れができなくなるとどうしたらいい?

銀行カードローンに申し込みをしても、他社借り入れがあると属性がよほどよくないと、審査に落ちてしまうでしょう。どうしてもお金が必要なら、消費者金融会社のカードローンに頼ることになります。その際は、大手消費者金融会社であるアコムやアイフル、プロミスなどがいいでしょう。理由は、全国的な知名度からくる安心感や安定感です。さらに、使い勝手の良いローンカードを発行してくれるので、全国の銀行ATMやコンビニATMでの入出金が可能となるからです。

銀行と大手消費者金融会社の審査基準は、現在では同等という口コミもあります。しかし、消費者金融会社は貸金業者です。お金を貸すことでしか、収益をあげることができませんから、銀行よりも審査基準が緩いのです。

消費者金融会社で融資を断られても、銀行から借りることができたという例もあります。しかしそれは前述したような総量規制で、消費者金融会社のカードローンでは借りることができなかったというのが原因でしょう。ですから、それ以外では銀行の審査基準のほうが消費者金融会社の審査基準よりも、厳しいのは間違いのない事実なのです。

結果、銀行から借り入れができない場合、破産者でありブラック状態の人でしたら、あきらめるかもっと下の街金を頼るしかないのです。それ以外の人でしたら、大手消費者金融会社から借入れができるでしょう。

消費者金融会社のキャッシングローンは、大手消費者金融会社が一般的です。要するに、消費者金融会社の業容は幅広く、大手消費者金融会社の下には中小消費者金融会社がありますし、その下に、街金といった小規模な消費者金融会社があるのです。どの消費者金融会社のローンに申し込むかは利用者の裁量によるのですが、まずは、大手消費者金融会社のカードローンに申し込むのが定石と言えます。