カードローン 独自審査 ブラック

お金をなんとかして調達したい


必要なお金が3万円程度でしたらどうしたらいいでしょうか。3万円の現金が手持ちにないのも寂しいものですがそういったときでも3万円くらいならなんとかなりそうです。まずは、友人知人にお金がなんとかならないか聞いてみるといいでしょう。友人知人ですから手持ちにお金があればすぐに貸してくれるでしょう。それは昔ながらのつきあいで気心が知れているからです。お金を貸してもすぐに返してくれるという安心感というよりも、友人が困っているのだから貸して当然という気持ちでしょう。

それと財布の中に3万円くらいは現金として普通は持ち歩いているからです。3万円あれば外出していて何かあってもなんとか対応できるお金と言えますし、社会人のたしなみとしてそのくらいの現金は持っているものです。財布の中に入っているお金ですから、借りやすいというわけではないのですが、友人からお金を借りるとしたら財布の中に入っている現金のみを借りるようにしましょう。

それ以上のお金となると、自分でリスクを背負うためにも銀行や消費者金融会社でお金を借りるといったほうがいいです。友人からはそれ以上のお金を借りてはいけません。友人知人でしたらいくらでも用立てしてくれるか、気を利かしてくれるかもしれませんが、お金のことがこじれるとせっかくの友人関係も崩れかねません。ですから、いわゆるポケットマネーにとどめておいたほうがいいのです。

お金を借りる際には借用書を作るようにしましょう。普通でしたらお金を貸す側が借用書を用意するものですが、この場合は友人のほうで借用書を作るのは気が引けるものです。ですから、そこは気を遣って借りる側のほうで借用書をつくるようにしたらいいでしょう。友人の方からは、なにを水くさいとかいわれそうですが、借用書は絶対にあったほうがいいです。お金のことでこじれてもこれがあると安心ですし、何かあっても借用書に戻ることで友人関係が崩れるようなことはないでしょう。

また、借用書には次の給料で一括して返済するということを一筆書いておくといいでしょう。間違っても返済を分割にしてはいけません。財布から直接出してくれたようなお金ですし、そもそもの小遣いですからできるだけ早くしかも一括で返済しなくてはいけないのです。

3万円程度でしたクレジットカードのキャッシングを使うのも手っ取り早い方法です。しかし、クレジットカードのキャッシングは借りた翌日から金利手数料が発生します。ショッピングのように翌月一括返済で金利手数料がかからないと思っていると大きな間違いなのです。

ショッピングの一括払いでは、カードローンの使用手数料を販売会社が売り上げの中からクレジットカード会社に支払っているので、一括払いの場合は金利手数料がかからないようになっているのです。クレジットカード会社はそれでも得をしているということですね。言い換えれば、ショッピング代金をカードで購入すると販売店は手数料分だけ損をしているのです。そうなると現金で買ってくれる人のほうが好ましいお客さんと言えますが、結果邸に手数料分を販売価格に転嫁しているということを考えると、現金で購入する人が結果的にもっとも損をしているといえそうです。

友人知人でお金を借りる場合は、そういった金利手数料を考えることなく、借りたお金をそのまま返済したらいいのですから便利です。しかし、お金を借りたら何かで借りを返すということをしなくてはいけません。それが食事をおごるということになると、食事代を2,3千円は負担することになるとそちらのほうが、金利手数料よりも確実に高くなるので、トータルで考えると友人知人からお金を借りるほうが、損得勘定では損をしているということになります。

必要なお金が3万円程度でしたら、家にある不要品を買い取り業者に買い取ってもらうという方法があります。不要品ですからそれほどの買取値にならないですし、買取不可というものもあるでしょう。それでも多くの場合引き取って処分してくれるはずですし、買取業者のほうで修理するなどして販売するものもあるかもしれません。いずれにしても数多く出すことで買取値を稼ぐことができるので、最終的には1万円や2万円くらいにはなるでしょう。

それでも目標金額には届いていませんから、そこからさらに家にある書籍やコミックを買取してもらいましょう。特に人気コミックの全巻がそろっていれば、かなりの高価買い取りとなりますし、それが3セット程度あればすぐに目標金額に達することでしょう。それでなくても書籍をある程度売ることができれば、目標金額に到達することでしょう。

また、書籍やコミックの買取の場合は一般の買取業者でも買取をしてくれます。書籍などの買取でしたら古本屋のほうが書籍の価値が分かるので、より買取値が高くなる可能性もあります。逆にシビアに買い取りすることもあるので、どちらともいえませんが、やはり古本屋で買い取りしてもらう方が後悔が少ないようです。

銀行と消費者金融会社で借りる


まとまったお金となると、銀行や消費者金融会社からお金を借りることになります。そうなると、やはり金利の低い銀行カードローンが一番の選択肢となるでしょう。しかし、銀行カードローンというのは誰でも気軽に借りることができるものではないのです。

銀行カードローンを借りるにしても審査に通らなくてはいけません。その審査というのは、信用度とか返済能力を調べるためのものです。友人知人でしたら気心が知れているのですぐにお金を貸してくれますが、銀行との関係は全く何もないところから始まります。そうなると、銀行カードローン申込者の人となりや金銭感覚や資産状況、雇用形態などを調べなくてはならないのです。そうして、お金を貸してもきちんと返済してくれるかどうかを測るのです。

その返済能力を測る指標となるものが属性です。さきほどの申込者の人となりや金銭感覚、資産状況、返済能力など、さらに他のさまざまな項目をひっくるめて属性の高さを決めています。属性が高いとカードローンが借りやすいですし、低いと借りにくいです。

そのさまざまな項目の中でも、大きなウエイトを占めているのが雇用形態です。雇用形態というのは大きく正規雇用と非正規雇用に分けられます。正規雇用はいわゆる正社員のことです。いっぽうの非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。こうしてみると正規雇用に人が属性が高いことがわかるのですが、それは収入が高いとか低いといいったものではなく、雇用そのものが会社から保証されているかどうかということです。

正規雇用の人も非正規雇用の人も雇用契約を結ぶのですが、正規雇用の人は定年まで雇用契約が履行されます。つまりそれまで雇用が保証されているのです。いっぽうの非正規雇用の人の雇用契約は有期契約になります。その期間は3ヵ月6ヵ月あるいは1年間となるので、期間がくると雇用契約を更新しなくてはいけません。そのときの会社の状況で更新されない場合もあるのです。これを雇い止めと呼んでいます。

非正規雇用の人は会社の状況によって、簡単に雇い止めとなったり採用となったりするのです。労働力の調整弁的な役割となっているのですが、これが銀行から見ると、雇用が安定していない、つまりは収入が安定していないということになって属性が低い要因となっているのです。つまりは、非正規雇用の人は銀行カードローンの審査に通りにくいということです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者から預かった大切な預金ということもあります。預金ですからいつでも必要に応じて引き出しに応じなければいけませんし、だからこそカードローンで貸し倒れに遭うわけにはいかないのです。そういったリスクを回避するために銀行は保証会社と提携しています。そのためカードローンに融資の申し込みをするときは銀行と保証会社の両者の審査を受けることになるのです。

当然ですがどちらかいっぽうでも審査落ちとなると、銀行カードローンから融資を受けることはできません。保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能になると、残りの債務全額をカードローン利用者に代わって、保証会社が銀行に支払います。そして改めて立て替えた債務の全額をカードローン利用者(債務者)に請求するのです。

この時点ですでに債務整理に入っていますから、保証会社と債務者の間で任意整理の話し合いが始まることになります。銀行としてはノーリスクに見えますが、返済不能以降の返済利息の収益がなくなるのですから全くのノーリスクというわけにはいかないのです。

消費者金融会社から借りる


銀行カードローンからお金を借りることができなかったら、消費者金融会社から借りるしかありません。消費者金融会社もアコムやプロミスなどの大手消費者金融会社、中小消費者金融会社、そして街金に分けられます。会社のように、大企業、中小企業、町工場といった感じでしょうか。

もっとも大企業と違って、大手消費者金融会社の数は数社程度しかなく2,000社近くある消費者金融会社のほとんどは、中小消費者金融会社と街金となっているのです。カードローンも大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社しか扱っていません。それ以外の中小消費者金融会社は、それぞれ特色のある金融商品で貸し出しを行っているのです。

大手消費者金融会社の特徴はなんといっても、全国各地に設置されている無人契約機です。24時間365日稼働しているので、いつでもカードローンの申し込みができるのです。審査基準は消費者金融会社の中でもっとも高くなっているのですが、専業主婦でも配偶者貸し付けを利用して借りることができるのもメリットと言えるでしょう。即日融資に対応しているので、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通れば、すぐにローンカードが発行されて最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができます。

中小消費者金融会社や街金は、大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちた人の受け皿的存在といっていいでしょう。審査基準も緩く、属性に不安のある人でも審査に通ることが可能です。

中小消費者金融会社や街金だとブラックでも借りることができる?


一番気になるのはブラックなど、金融事故を起こした人が消費者金融会社のローンを借りることができるかということでしょう。まず、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通ることは絶対にありません。というよりも信用情報機関を通じて審査を行っている消費者金融会社でしたら、ブラックの人は金融事故情報が記録されているので審査に通ることはないのです。

たまに、ネットの口コミサイトなどで、ブラックでも審査に通ってお金を借りることができたというのは、信用情報機関を通さない独自審査を行っている消費者金融会社なのです。これは一部の中小消費者金融会社と街金が独自審査を行っているので、属性の低い人でも十分に融資を受けるチャンスはあります。

審査は現在の属性のみで行われます。つまり、電話による在籍確認と収入証明書の提出ができれば審査OKです。もっともブラックでも審査に必ず通るというわけではないので注意が必要です。

消費者金融会社で借りれない


中小消費者金融会社や街金だとたいていの人は融資を受けることができます。それでもいろいろな事情から消費者金融会社からお金を借りることができないという人もいるでしょう。そういった人はネットの個人間融資掲示板を利用するといいでしょう。

個人での貸し借りになるのでリスクが高いと感じる人もいると思いますが、すでに貸し出し実績に優れた人も多いのでそういった人からお金を借りるようにしたら安心です。

むしろ貸し出しするほうがリスクを感じることが多いですから、誠実に対応するようにしましょう。貸し出しする金額の相場も10万円程度が多くなっていますから、消費者金融会社でいうと街金並みにいっていいでしょう。審査は基本的になく、交渉成立ですぐに振り込んでくれるのがメリットです。